「みにくいあひるのこ」たちの成長記録

本当は白鳥だと、気づかなかったら「みにくいアヒルの子」のまま。子どもたちの可能性を信じて進む日々をつらつらと綴ります。

トイレトレーニング

突然ですが
娘の行っていた保育園は
原則 布おむつ保育でした。

 

2歳児の頃には 
おむつを使っている子は

あと数名。

 

その数名に 

うちの娘が 入っておりました。

 

結構 頑固な娘なので
“パンツをはく”ことから 拒否されたり
なかなかうまくいかないので
3歳になった夏に がんばってみようと
周囲の人と話していました。

 

ところが。

 

食事療法を始めて 1週間。

 

パンツをはき 行きたい時にきちんと
トイレに行く 娘の姿が…。

 

夜も「おしっこ」と起き
起きてしまうこともなく 

またぐっすり眠ります。

 

一生懸命 トイレトレーニングなるものに
精を出したわけではありません。

 

変えたのは
食事と 生活環境。

こうなると
食事や生活環境が
子どもの発達に関わらないという方が
乱暴な気がしてきます。


話は変わりますが、
最近の自閉症の研究 に
食物アレルギーとの関わりを

指摘するものがあります。


グルテン(小麦タンパク)と

カゼイン(乳タンパク)を 

除去したところ
子どもさんの 落ち着きに

良い影響が認められているようです。

 

以前から
落ち着けないお子様に
食事療法を お勧めしてきました。

 

長年の経験から 

牛乳と甘いものを除去することで
良い影響が出ているからです。

 

しかし、こうして研究発表が出てくると
そういうことだったのか・・・と納得します。

 

左脳社会で生きている人類は
どうしても 

科学的根拠を 求めてしまうものですから
そうした研究成果があることで
越えられないハードルが 

少しづつ減っていくことを
心から楽しみにしています。