アンケートモニター登録
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「みにくいあひるのこ」たちの成長記録

本当は白鳥だと、気づかなかったら「みにくいアヒルの子」のまま。子どもたちの可能性を信じて進む日々をつらつらと綴ります。

助け合うこと。

つぶやき

こんにちは。

このきの療育アドバイザー馬場です。

 

 

「どうしてホモ属だけが

絶滅しなかったのか?」

という説に、

なんだかとても感動したので、

今日はそんなお話しです。

 

最近の子どもたちの姿から、

少しずつ消えてしまっているように思う、

『分け合う』という精神。

 

核家族が多い現代では、

生まれた時からひとりっ子、

そして大切に育てられ、

おもちゃも、

毎食のおかずも、

1人分をちゃんと与えられます。

 

当然、自分の物は、自分の物。

 

人の物も、なんだったら奪っちゃう。

 

そんなお子さんが多いこと、多いこと。

 

『分け合う』精神など、

どこ吹く風という様子が垣間見えます。

 

ここまで話せば、もう

わかってしまったのでは

ないかな?と思います。

 

そうです。

『分け合う』という精神が、

飢餓の時期を乗り切る術となったのです。

 

ですから、ホモ属は、

現在まで、子々孫々に

生命をつないでこられたのでしょう。

 

f:id:kokonokonoki:20161021230428j:image

 

仏教でもこのような話があります。


天国と地獄について、です。

この2つは、実は

なんら変わらない場所であるそうです。

 

ご馳走も、とてもたくさん用意されていて、

たべすぎたら、

丸々と太ってしまいそうなのだとか。

 

でも、丸々と太っている人々。

 

餓鬼状態になってしまった人々。

 

それぞれがそこにいるのです。

 

いったい、どうして

そんな事になってしまうのでしょうか。

 

それは、「食物を口に運ぶための道具」に

秘密があるのです。

 

お箸をつかうわけなのですが、

しかし、この箸。

 

1人で持って食べるには、

あまりにも長すぎます。

 

そこで、

心優しき人々は、自分ではなく

他の誰かの口に食べ物を運んであげます。

 

しかし、利己的な心の持ち主は、

自分の口へ運ぼうとして、

結果的に食べられない。

 

だから、

天国の住人は、丸々と太って、

地獄の住人は、飢餓状態に陥るのです。

 

 

これ、現在生きている

私たちにもあてはまりませんか?

 

生きながらに、

天国の住人を目指す事で、

その生き様が、

子どもの見本となるのです。

 

とても大事なことなので、

今後は、事あるごとに触れていきたいなと

思っています。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

児童発達支援・放課後等デイサービス
このき 港校(名古屋市港区)
このき 豊田校(愛知県豊田市
このき 愛西校(愛知県愛西市
このき 羽島校(岐阜県羽島市

療育アドバイザー 馬場和美
0120-077-415

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

広告を非表示にする